理事長ご挨拶


社会福祉法人暁光会 理事長  野津 禮子


ご挨拶  「大切なものは何なのでしょうか」

 太平洋戦争敗戦後、70年が経過しました。戦争の影響で劣悪な生活を余儀なくされた
私たちは、生活様式の変化や医療保健の進展などの恩恵を受けて平均寿命は高くなり、
女性の平均寿命は87歳で世界1位、男性は80歳で世界8位となりました。
 平和が長く続いていることが大きな要因でしょう。
 しかしながら、その一方で、長寿の代償として、老化に伴う病気等による心身の不自由さや
支障と共に生きることになり、誠に残念なことながら生涯を通して自立し続けることは困難なこ
とも多く、周りの方々の助けを受ける割合が増えるようになりました。
 生活支援のサービスを提供する私たちは、一人ひとりの人生に寄り添う者として、人生の終
わり近くが穏やかな安らぎに満ちた日々をお過ごし頂けるよう、ご利用者様やご家族様、関係者様と共に協力していかなければ
なりません。 「あかつきと縁ができて良かった」と感じて頂けるよう、「自分もあかつきで暮らしたいな」と思って頂けるように、職員
一同、心を込めてお付き合いをさせて頂きます。

 平成12年に介護保険制度が発足し、15年目を迎えます。
 介護を含め、暮らしを支える援助を必要とする人々の割合は今後も更に増えることが予測されます。
 平成27年度、社会保障費の割合が莫大になると予測された為か、介護報酬の減額改定が示されました。暁光会は儲け
るのが上手でない為か、財務省の申される多額の内部留保を持つわけではなく、大変厳しい経営でございます。しかし、そのよ
うな状況にあっても、働く職員が喜びと誇りを持って働くことができなければ、ご利用者の皆様に喜んで頂けるサービスの提供は
できません。働く者一人ひとりが笑顔で丁寧な挨拶ができるような穏やかで風通しの良いホームになりたいと願っております。

 ご利用者様お一人おひとりを尊重し、それぞれが自分らしく暮らせるように、暖かい心配りを欠かさず、共に生きることができます
ように努めて参ります。
 ご利用者様、関係者様、地域の皆様の忌憚のないご注意とお教えをお待ちしております。

 


         行為の意味        宮澤 章二

           あなたの「こころ」は、どんな形ですか
            と聞かれても答えようがない
             自分にも他人にも「こころ」は見えない
              けれど、ほんとうに見えないものであろうか

                確かに「こころ」は誰にも見えない
                 けれど「こころづかい」は見えるのだ
                  それは人に対する積極的な行為だから

                    同じように胸の中の「思い」は見えない
                     けれど「思いやり」は、誰にでも見える
                      それも人に対する積極的な行為なのだから

                        あたたかい心があたたかい行為になり
                         やさしい思いがやさしい行為になるとき
                          「心」も「思い」も初めて美しく生きる
                           それは人が人として生きることだ